NTR support : よくあるご質問

一般的なご質問

Q1-01 NTRsuppotの利用には、ソフトウェアやハードウェアの投資は必要ですか?
Q1-02 NTRsupportのサービスを開始するのに、どのくらいの期間を要しますか?
Q1-03 接続先のエンドユーザ側PCにソフトウェアの事前インストールは必要ですか?
Q1-04 接続先のエンドユーザに料金は発生しますか?
Q1-05 接続先のエンドユーザPC数に制限はありますか?

ご利用に関するご質問

Q2-01 NTRsupportを使用するに当たっての必要ポートはありますか?
Q2-02 ファイアーウォールやプロキシ、NATがある場合でも接続は可能ですか?
Q2-03 リモート接続にグローバルIPは必要ですか?
Q2-04 リモート接続に必要な回線の帯域を教えてください。
Q2-05 エンドユーザの承認なしに、無断でリモート接続が開始されることはありますか?
Q2-06 チャットやリモート利用時のセキュリティはどうなっていますか?

リモート接続についてのご質問

Q3-01 オペレータにPCを操作させたくない場合、リモート操作を無効にできますか?
Q3-02 リモート接続中に不安を感じたら、すぐに切断できますか?
Q3-03 リモート接続中の操作で、エンドユーザを不安がらせることはありませんか?
Q3-04 見られたくないアプリケーションやウィンドウは隠せますか?
Q3-05 無人PC、サーバに対してのリモート接続は可能ですか?

リモート手段の比較に関するご質問

Q4-01 Windows OS 標準の「リモートデスクトップ」との違いについて教えてください
Q4-02 VPNとの違いについて教えてください
Q4-03 パッケージ製品のリモートコントロール・ソフトウェアとの違いを教えてください

Q1-01 NTRsupportの利用には、ソフトウェアやハードウェアの投資は必要ですか?
A. インターネットに接続されたPCがあれば、すぐにリモートサポートをご利用できます。
NTRsupportサーバを経由してのリモート接続となりますので、別途、サーバをご購入いただく必要はございません。

Q1-02 NTRsupportのサービスを開始するのに、どのくらいの期間を要しますか?
専用のHTMLコードを使い、自社のウェブサイトにリモート接続の入口を組み込んでいただくだけで、すぐに利用を開始できます。
また、ウェブサイトの変更が困難な場合は、NTRsupportの接続用ページをご利用いただけます。

Q1-03 接続先のエンドユーザ側PCにソフトウェアの事前インストールは必要ですか?
NTRsupport機能の処理はすべてNTRsupportサーバが行います。セッション割当またはボタンチャット接続の場合、接続先のエンドユーザPCへ事前にアプリケーションのインストールは必要ありません。
※インストール型RC接続は、接続用プログラムのインストールが必要です。

Q1-04 接続先のエンドユーザに料金は発生しますか?
エンドユーザに対する課金はありません。
NTRsupportを契約された企業様のみ料金が発生します。一定料金で接続時間は無制限でご利用可能です。

Q1-05 接続先のエンドユーザPC数に制限はありますか?
接続先の台数は無制限で、不特定多数のPCにリモート接続が可能です。
課金の対象はオペレータ側のライセンス数に対してのみで、定額制ですので接続先数、利用時間等による追加のコストは一切かかりません。

尚、インストール型RCに関しては契約台数を超えて設定することはできません。
台数が不足した場合はオプションにて追加することができます。

Q2-01 NTRsupportを使用するに当たっての必要ポートはありますか?
NTRsupportが必要とするポートは、21、80、110、443(標準ポート)および11438(標準外)のうち、開いているポートをランダムに使用します。
※80ポート、または443ポートのいずれか一つは必須です。

Q2-02 ファイアーウォールやプロキシ、NATがある場合でも接続は可能ですか?
NTRsupportのリモート接続は、ウェブサイトをご覧いただく時と同じような仕組みですので、ほとんどの場合ファイアーウォール、プロキシ、NATを通過してリモート接続を確立できます。

リモート接続が繋がらない場合、上記のセキュリティ設定によりNTRsupportサーバーとの通信が制限されている可能性があります。セキュリティ機器・ソフトウェアのホワイトリストやアクセス許可リストへ、指定ドメインまたはIPアドレスをご登録いただくことで、リモート接続がご利用可能となります。

Q2-03 リモート接続にグローバルIPは必要ですか?
NTRsupportを利用する際に、グローバルIPは必要ありません。
インターネット接続環境があれば、初めての問い合わせに対しても、即リモート接続できます。

Q2-04 リモート接続に必要な回線の帯域を教えてください。
NTRsupportの動作環境は、オペレータ側は56Kbpsインターネット常時接続以上、エンドユーザ側は56Kbps以上でご利用可能です。帯域の狭いインターネット回線の場合、リモート接続・操作時の速度が低下する可能性があります。

Q2-05 エンドユーザの承認なしに、無断でリモート接続が開始されることはありますか?
NTRsupportのリモート接続は、エンドユーザの承認なくリモート接続がスタートされる心配はありません。また、リモート切断は、オペレータ/エンドユーザのどちらからでも即座に接続を切ることが可能です。
※インストール型RCを除く。

Q2-06 チャットやリモート利用時のセキュリティはどうなっていますか?
NTRsupportでのリモート接続、チャット等の通信はすべて 256bit AES 方式の暗号化がされ、通信を強固に保護をしていますので、盗聴や漏洩の危険性はございません。
また、SSL通信での接続もご利用も可能です。

Q3-01 オペレータにPCを操作させたくない場合、リモート操作を無効にできますか?
オペレータにエンドユーザのPCを操作させたくない場合は、「顧客の画面を見る」というリモート接続モードを選択することで、オペレータからのマウス・キーボード操作を無効にすることが可能です。NTRsupportでは、5つの遠隔操作モードからリモート接続方法を選択することができます。

Q3-02 リモート接続中に不安を感じたら、すぐに切断できますか?
オペレータ、エンドユーザともに可能です。

オペレータは終了ボタン、エンドユーザはキャンセルボタンをクリックすることによりエンドユーザ、オペレータどちらからでも、すぐに切断できます。


Q3-03 リモート接続中の操作で、エンドユーザを不安がらせることはありませんか?

リモートサポートを受けているエンドユーザ側でも、リモート操作されているPC画面を常時確認することができます。そのため、通常どおりエンドユーザからも操作が行えますし、エンドユーザからリモート接続を終了することも可能です。

Q3-04 見られたくないアプリケーションやウィンドウは隠せますか?
アプリケーション選択機能を利用することにより、エンドユーザがリモート接続中に操作されたくないアプリケーションや書類を非表示にできます。エンドユーザが指定した特定アプリケーションのウィンドウだけを、オペレータ側のリモート画面に表示させることが可能です。

Q3-05 無人PC、サーバに対してのリモート接続は可能ですか?
事前に接続用プログラムをインストールするタイプの無人PC・サーバへのリモート機能「インストール型リモートコントロール」を使えば、接続先端末の電源が入っていて、インターネット接続環境下であれば、いつでもリモート接続ができます。

Q4-01 Windows OS 標準の「リモートデスクトップ」との違いについて教えてください
Microsoft Windwos (R) の OS 標準機能であるリモートデスクトップ(RDP)は、リモート接続先(エンドユーザ/RDPではホスト側)端末のIPアドレスが不明な場合、リモート接続ができません。また、ファイアーウォール(F/W)や NAT、ルーターを越えての接続には事前設定が必要です。

NTRsupport なら、インターネット接続環境下にあるPCであれば、いつでもリモート接続が可能です。80(http)、443(https)以外のポート開放の手間は不要、リモート接続先のグローバル IP アドレスが不明でも接続できます。
また、管理者画面より、接続ログの確認・出力を簡単に行うことができます。

Q4-02 VPNとの違いについて教えてください
VPN(Virtual Private Network)では、リモート接続が常時可能ですが、接続先が限られてしまいます。
NTRsupportなら必要な時のみ簡単な操作で接続ができ、常時リモート接続を危惧するお客様や不特定多数のお客様へリモートサポートが可能です。

Q4-03 パッケージ製品のリモートコントロール・ソフトウェアとの違いを教えてください
NTRsupportは、SaaS/ASP/クラウド型のリモートシステムのため、リモート接続前にクライアントソフトの事前インストールや特定ポートの開放、接続先の固定のグローバルIPアドレスの取得などの手間はいりません。また、各ソフトウェアの更新やバージョンアップも不要で、最新のバージョンをNTRsupportサーバより常時提供しております。