NTRsupport : オペレータ機能 / リモート操作中の機能一覧

リモート操作中の機能一覧

遠隔操作中に利用できる、便利な機能の一覧です。

リモート時の色数変更
フルスクリーン表示/自動サイズ調整
リモート印刷
リモート診断
描画ツール
Ctrl+Alt+Delキーの送信
PC再起動後のリモート再接続
ファイル転送
テキストチャット・音声会話・ビデオチャット
その他の機能

リモート時の色数変更

リモート接続中の表示色数を4色/16色/256色/16Bit(65536色)/24Bit(16777216色=フルカラー)から選択できます。 色数の調節は、リモート開始前・操作中どちらのタイミングでも変更可能。
グラフィック重視の作業を行う際は、フルカラーでの表示を、CADサポートなどの3Dアプリ操作におけるリモート速度を重視する作業では、減色することにより、エンドユーザPCへの負荷を軽減できます。また、モバイルカードによる通信など帯域が狭い環境下においても、減色により、リモート速度を改善します。
リモート時の色数変更

フルスクリーン表示/自動サイズ調整

オペレータPC画面で、エンドユーザPC画面を全画面にしての表示が可能です。

また、オペレータPCとエンドユーザPCの画面サイズが異なる場合は、「自動サイズ調整」を用いることで、オペレータPCの操作ウィンドウにエンドユーザPC画面全体が収まるように調整され、表示します。
フルスクリーン表示

リモート印刷

ファイル転送することなく、エンドユーザPC上のデータを、オペレータPCと接続しているプリンタから印刷可能です。

操作ウィンドウの「リモート印刷」メニューをクリックするだけで、仮想プリンタドライバーをエンドユーザPCへ一時的にインストールし、エンドユーザPCのアプリケーション等から印刷操作を行うのみです。
リモート印刷

リモート診断

エンドユーザPCのシステム情報を取得する機能です。

OS・CPU・ハードディスク・メモリなどのハードウェア情報、稼働中のプロセスやインストール済みプログラムを一覧で確認が可能。取得内容の保存フォーマットは、xls、xml、csvです。
リモート診断

描画ツール

エンドユーザPC画面へ、ペンツールによる文字や記号の書き込み、テキストメッセージの表示が可能です。

アプリケーションの操作方法の説明や視線誘導など、エンドユーザに操作を行ってほしい場合に最適。操作画面内のメニューバーより「描画ツール」を選択するだけで利用できます。

描画ツール

Ctrl+Alt+Delキーの送信

リモート接続中、接続先PCへ「Ctrl+Alt+Del」キーを送信することが可能です。

サーバへのログインやタスクマネージャの起動に活用できます。この機能は「顧客のコンピュータを管理する」接続モード、または「インストール型RC」による接続に限り利用が可能です。

Ctrl+Alt+Delキーの送信

PC再起動後のリモート再接続

リモート接続中、エンドユーザPCの再起動が必要になっても、接続しなおす必要はありません。

NTRsupportでは、エンドユーザPCの再起動後もリモートを自動で再接続し、Windowsログイン画面から操作が可能なため、 再起動後の作業もスムーズに再開できます。

PC再起動後のリモート再接続

ファイル転送

リモート接続中にオペレータとリモート操作しているエンドユーザのPC間で、容量無制限でファイルの送受信が可能です。

送受信は、転送ウィンドウ内で双方のPCのフォルダを参照し、該当ファイルをドラッグ&ドロップ、またはコピー&ペーストの簡単な操作で行えます。FTPクライアントやFTPプロトコルでの操作は必要ありません。
ファイル転送

テキストチャット・音声会話・ビデオチャット

リモート接続の他に、テキストチャット・音声会話、ビデオチャットといったコミュニケーション機能も備えています。コミュニケーション機能を利用しながら、リモート操作も行えるため、より円滑なコミュニケーションを図ることが可能です。

テキストチャットは、ウェブサイト上に問い合わせボタンを設置することで、エンドユーザはリモート接続の前に、テキストチャットで質問ができます。
音声会話は、ヘッドセット等の音声機器をオペレータとエンドユーザの双方で準備することで利用可能です。
ビデオチャットは、Webカメラを設置するだけで、テレビ電話のように、お互いの映像をPCに映しながらの会話ができます。
コミュニケーション機能(テキストチャット・音声会話・ビデオチャット)

その他の機能

NTRsupportで利用可能な機能の一覧です。
機能一覧